YAMAHA(ヤマハ)のシンセサイザーの買取を強化中です

ヤマハ

シンセサイザー

2017/08/23

YAMAHA(ヤマハ)のシンセサイザー高価買取中

現在YAMAHA(ヤマハ)のシンセサイザーの買取を強化中です。

買取強化中のYAMAHAのシンセサイザーはMOXF、CS30、DX7、MX61、REFACE-DX、MX49、reface CS、MONTAGE6、SY99、MM6、MM8、MOX6などになりますので、お持ちの方はぜひWESTにお問合せくださいませ。

楽器専門のスタッフが査定を行いますので、商品の状態に合った適切な買取金額を提示致します。

シンセサイザーだけでなく、他の楽器や機材の買取も行っておりますので、他にいらないものがございましたらば、ご一緒にお売りくださいませ。

YAMAHA(ヤマハ)のシンセサイザーの歴史

YAMAHAの最初のシンセサイザーは、1974年に発表したモノフォニックシンセサイザー「SY-1」。

プリセット機能や、鍵盤を弾く強さで音色変化をコントロールする機能など、当時では画期的なシステムが搭載されていました。

その翌年、コントロール部分をIC化することにより大幅な軽量化を実現した「CSシリーズ」を開発し、持ち運びが便利になりました。1970年代後半には低価格の「CSシリーズ」を展開し、広くシンセサイザーが普及していきます。

そして1983年にFM音源が採用されたデジタルシンセサイザー「DX-7」が発売されます。

FM音源は周波数を変調することで、キラキラした金属音のようなサウンドになり、未来を感じる最先端の音として世界中でヒットし、クラフトワークブライアン・イーノスティーヴィー・ワンダーハービー・ハンコック喜多郎小室哲也など数多くのプロミュージシャンに愛用されています。また初音ミクのデザインの元になったシンセサイザーとしても有名です。

2015年に今までの名機が『reface DX』『reface CS』『reface CP』『reface YC』の4機種のラインナップとして復活し、新たな進化を遂げています。

世界中のアーティストに愛用される、YAMAHAのシンセサイザーの高価買取を実施中です!

今日の一言:8月の下旬になったこともあり、気温も下がり過ごしやすくなってきました。今年は猛暑と言われていましたが、福岡の方はそこまでなかったと思います。ですが、知らないうちに体から水分は抜けていくので、小まめに水分補給をすることが大切ですよ。

最新記事

rss
  • サウンドバーガー、復刻
    AT-SB2022
  • SL型ストーブ限定販売
    SL-C57180
  • Jackery 1000 Pro世界同時リリース予定
    1000 Pro
  • コアヒート2022年モデル
    DH-1222R
  • NikonZシリーズ「Z30」
    Z 30
ブログ一覧へ

月別アーカイブ

運営会社

HIRAKU
HIRAKU株式会社
〒814-0032 福岡市早良区小田部7丁目7-16
TEL:092-834-4683 FAX:092-834-4692

お電話でお問い合わせ

通話無料

0120-914-094

受付時間 9:00 - 18:30

メールでお問い合わせ

24時間受付

メールでお問い合わせ