測定器・計測器

2019/04/05

【買取強化中】スペクトラムアナライザ(Agilent・YOKOGAWA・ADVANTEST・ANDO・Anritsu等)

スペクトラムアナライザ

WESTではスペクトラムアナライザの高価買取を実施中です。

周波数と電力、電圧の二次元のグラフを画面に表示する電気計測器で専門業者の方々には、通称「スペアナ」とも呼ばれています。

高周波用スペクトラムアナライザは、

無線機、送信機、受信機などの送信波やローカル信号、スプリアスなどの観測、

フィールド試験においての電界強度を測定、

EMC測定においてのノイズレベルを測定、

など測定データを取る上で非常に重要な役割を果たします。

10万円台のものから、1,000万円以上する大変高価なものもあり、用途も様々です。

それだけ高額な専門機器ですので、中古市場での需要も非常に高く、WESTでは積極的に買取を強化しております。

スペクトラムアナライザ買取モデル

Agilent(アジレント)

アジレントのスペクトラムアナライザのイメージ

アメリカに本社があるAgilent(アジレント・テクノロジー)は、化学分析機器や電気計測機の業界最大手の企業で、高性能なスペアナを開発していて定評があります。

■型式

8565EC

8563EC

8595E

E4440A

E4405B

E4402B

E4401B

N9320B

N1996A

YOKOGAWA(横河電機)

横河電機のスペクトラムアナライザのイメージ

建築家、工学博士横河民輔氏が創業した日本の大手企業の横河グループ。その礎を築いた横河電機製作所は計測・制御機器メーカーとして世界第3位の実力があります。

■型式

AQ6370D

AQ6373B

AQ6374

AQ6375B

AQ6376

AQ6315A

ADVANTEST(アドバンテスト)

アドバンテストのスペクトラムアナライザのイメージ

東京都に本社がある創立60周年を迎えた半導体検査装置の大手メーカー、アドバンテストは自動テスト装置の分野で2008年現在世界第1位となりました。スペアナのラインナップも非常に豊富です。

■型式

Q8347

U3772

U3741

R3273

R3361B

R3265A

R3261C

R3271A

R3131

TR4135

Anritsu(アンリツ)

アンリツのスペクトラムアナライザのイメージ

神奈川県に本社がある通信系計測器の有力企業のアンリツ。スプリアス・隣接チャネル漏洩電力など送信試験に必要な機能を内蔵した簡単かつ高精度なスペアナを提供しています。

■型式

MS9710C

MS2683A

MS2661C

MS2651A

MS2602A

MS2661A

MT-8801C

※上記以外のモデルも買取対象です。

アナライザ買取強化中です!

プレシジョンインピーダンス・アナライザ、

ネットワーク・アナライザ、

Sパラメータベクトルネットワーク・アナライザ、

半導体パラメータ・アナライザ、

ハンドヘルドRFアナライザ、

基地局アナライザ、

など幅広く測定器・計測器の買取を行っています。

WEB査定は無料ですのでお気軽にお問い合わせください。

どうぞよろしくお願い致します。

測定器のイメージ

Q&A よくある質問

買取対応エリア

北海道、札幌、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、東京、神奈川、横浜、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、山梨、新潟、長野、富山、石川、福井、愛知、名古屋、岐阜、静岡、三重、大阪、兵庫、神戸、京都、滋賀、奈良、和歌山、鳥取、島根、岡山、広島、山口、徳島、香川、愛媛、高知、福岡、天神、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄
ブログ一覧へ

商品カテゴリ別

画像アーカイブ

  • 発電機買取ランキングのイメージ
  • 金属検出器の買取イメージ
  • 島津製作所の分析機器のイメージ
  • ピッチングマシンのイメージ
  • ミズノのスピードガンのイメージ
  • 日産のフォークリフトのイメージ
  • デンヨーの発電機のイメージ
  • スペクトラムアナライザ
  • フルークのケーブルアナライザー
  • 漏水探知器のイメージ
  • フジテコムの鉄管ケーブル探知機
  • スカイトラックの弾道測定器

今すぐ仮査定お申込み!

WEBでカンタン仮査定お申込み
電話で仮査定 0120-894-345 受付時間 9:00-21:00