RX0 II発売を記念して、RXシリーズの買取強化始めます!

ビデオカメラ

デジタルカメラ

2022/06/27

今回は2019年4月12日に発売が予定されているRX0 IIの紹介と、それに伴い買い替えキャンペーンと題して買取を強化している商品を紹介します。

RX0 II(DSC-RX0M2)

小型ボディの特性を活かす高画質性能デジタルスチルカメラ

RX0 IIは、2017年に発売されたSONYのデジタルスチルカメラRX0の後継種になります。
今回はこの2つを比較しながら、よりシチュエーションを選ばなくなったRX0 IIについて紹介していきます。

1.0型イメージセンサー

RX0を語る上でまず外せないのが、1.0型イメージセンサー。

外形寸法が59.0×40.5×53.0mm(W×H×D)というサイズにもかかわらず1型の有効画素数1530万画素積層型ExmorRS CMOSイメージセンサーを搭載しており、他のカメラにも引けを取らない高画質を実現しています。

イメージセンサーだけでなく、高解像で歪みの少ない広角24mmツァイステッサーTレンズや、高速処理が可能な画像処理エンジンBIONZなど、優れた技術を集結することで、小型ながらに、高い品質を実現しています。

RX0 IIでの変更点は、画像処理エンジンが、従来比1.8倍のBIONZ Xへと進化している点と、4K動画の本体内記録に対応している点になります。

高い防水製、進化した防塵性

RX0 IIとRX0
写真を見ても分かる通り、RX0、RX0 IIともに堅牢な作りをしているため、衝撃や落下、防水耐性に優れています。

RX0の時点で、IPX8の防水性能、2.0mの落下耐性、200kgfの耐荷重を誇っています。

加えてRX0 IIでは、防塵性能が追加されます。
IP68の防水・防塵性能を誇るRX0 IIは、RX0以上に様々なフィールドで力を発揮すること間違いなしです。

高い静止画性能

「RX0 II」は画像処理エンジン「BIONZ X」の最新版が搭載されたことで、処理性能が「RX0」の約1.8倍になりました。

4K対応の動画撮影、対応する手ブレ補正

「RX0」はフルHDまでの動画性能で4K動画はHDMI出力で対応だったのですが、「RX0 II」は本体内記録での4K動画撮影に対応。
「RX0 II」は画素加算のない全画素読み出し、4K動画の約1.7倍の情報量を凝縮するオーバーサンプリング効果による高解像感な4K動画が撮影でき、新しく電子手ブレ補正に対応しました。

最新記事

rss
  • Jackery 1000 Pro世界同時リリース予定
    1000 Pro
  • コアヒート2022年モデル
    DH-1222R
  • NikonZシリーズ「Z30」
    Z 30
  • M2チップ搭載MacBook Pro発売。
    M2-MacBook Pro
  • 史上最高画質「OLED G2」シリーズ
    OLED G2シリーズ
ブログ一覧へ

月別アーカイブ

運営会社

HIRAKU
HIRAKU株式会社
〒814-0032 福岡市早良区小田部7丁目7-16
TEL:092-834-4683 FAX:092-834-4692

お電話でお問い合わせ

通話無料

0120-914-094

受付時間 9:00 - 18:30

メールでお問い合わせ

24時間受付

メールでお問い合わせ