サバイバルナイフ・カスタムナイフ

2018/12/21

ナイフの神様ラブレスとランドールの出会い

ランドールナイフ

1964年創業のアメリカを代表するナイフメーカー、ランドール。

ナイフの神様と呼ばれるラブレスが登場するまで、アメリカ最強のナイフとして頂点に君臨していました。

アメリカナイフの礎を築いたといっても過言ではなく、M18モデルなどランドールを代表する製品はニューヨーク近代美術館に展示されています。

その製法は、熱い鉄をハンマーでカンカン叩いて鍛えながら形成していくフォージング法、日本でいうところの鋳造です。

ハンマーで叩くことにより内部密度が高まり、切れ味が良いうえに頑丈なブレードが出来上がります。

ナイフの神様ラブレスは大量生産製法を生み出した

ラブレスがナイフの神様と称される所以は、ストックリムーバル法という、鉄の板を削ってナイフの形を作る現代に至るまで主流となる製法を生み出したところにあります。

ラブレスがこの製法を世に広めるまで、ナイフ業界ではランドールに代表されるフォージング法が主流でした。

しかし、鋳造でのナイフ製造は高い技術力、時間、お金が掛かり大量生産できないという欠点がありました。

この欠点は産業として、ナイフ業界が伸び悩む致命的な物でしたが、ラブレスが生み出したストックリムーバル法でナイフ業界は一気にその収益を上げていきます。

ラブレスはランドールに憧れていた

ランドールナイフはそもそも、ラブレスが憧れていたナイフでした。

船乗りだったラブレスは、ロープを素早く切るためのナイフを入手するためにランドールナイフを取り扱うショップに足を運んだのですが、なんと入荷待ち。

さらに、その店のスタッフの態度が悪かったことが原因で、仕方なく自分でナイフを作ることに。

その後、完成したナイフを例のショップ店員に見せると、あまりの出来栄えの良さに態度が急変し、彼のナイフを商品として販売し始め、瞬く間に完売しました。

そうした経緯を経て、ラブレスはランドール以上に有名なナイフ職人になっていったのです。

ランドールもラブレスも高価買取中

伝統の製法を今でも守り続け、ナイフの神様ラブレスも憧れたランドール社のナイフ。

ナイフ業界の製法を根底から変革し、生産性を格段に上げ現代ナイフの礎を築いたラブレス社のナイフ。

リユースウエストでは、ナイフの買取を大幅に増やし対応中です。

お問い合わせフォームから、型番とメーカー名、写真を撮影したデータを添付していただければ傷の有無など確認させていただき、すぐに査定金額をお知らせいたします。

ランドールナイフ高価買取

WESTが提供する3つの買取方法

当店では3つの買取方法を提供しております。どんな売り方でも、あなたにとって一番売りやすい方法で結構です。

お見積りだけのお問い合わせも大歓迎です。

1.店頭買取

店頭で直接買い取らせていただく方法です。お持ち込みいただく分、見積もり金額に上乗せすることができますので、福岡市近郊にお住まいの方にはおすすめの方法です。

店舗買取の情報はこちらをクリック!

2.出張買取

当店の専門スタッフが、ご自宅や事務所にお伺いし、その場で見積もり・買取を行う方法です。出張・査定費用などは一切いただいておりませんので、家具や家電などの重量があり持ち運びが困難なものについてはこちらの方法がおすすめです。

出張買取の詳しい情報はこちらをクリック!

3.宅配買取

当店から、専用の宅配キットをご自宅へ送付させていただき、その中に、買い取らせていただく商品と必要書類を同梱し、当店に配送していただいたものを見積もり・買取する方法です。

こちらも出張買取同様、配送費用や査定費用など一切かかりません。宅配買取は全国どこでも対応しておりますので、遠方にお住まいの方におすすめの方法です。

ブログ一覧へ

商品カテゴリ別

画像アーカイブ

  • スーパー工業の高圧洗浄機
  • 蔵王産業の高圧洗浄機
  • ルパン三世のイメージ
  • ホンダの発電機のイメージ
  • 松栄製作所のイメージ
  • コロナの暖房機
  • 350-msi - geforce-gtx-1660-ti
  • 湯山製作所の散薬分包機
  • ケノンの脱毛器
  • audiofuse - main
  • lumix s1 s1r - main - 350

今すぐ仮査定お申込み!

WEBでカンタン仮査定お申込み
電話で仮査定 0120-894-345 受付時間 9:00-21:00