楽器

2017/08/23

Roland(ローランド)のシンセサイザーの買取を強化中です

-8ローランドのシンセサイザーの買取
こんにちはWESTです。WESTでは現在Roland(ローランド)のシンセサイザーの買取を強化中です。

買取強化中のRolandのシンセサイザーはTB-303、FA-08、SH-2、DS61、JUNO-DS、JD-Xiなどになりますのでお持ちの方はぜひWESTにお問合せくださいませ。楽器専門のスタッフが査定を行いますので、商品の状態に合った適切な買取金額を提示致します。

また、シンセサイザー以外のギター・ベース・ドラムといった楽器やアンプ・スピーカーなどの買取も行っていますので、他にいらないものがございましたらば、ご一緒にお売りください。

当店は福岡にございますが、県外の方でも宅配買取を通してシンセサイザーの買取を行っております。

Rolandの歴史

Roland(ローランド)は日本の大手電子楽器メーカーで、1972年に梯郁太郎によって設立されました。当初は、アンプやエフェクター、ミキサーの製造をしていましたが、1973年から電子ピアノ、シンセサイザーの製造を開始します。

1976年にモジュラー・シンセサイザー「SYSTEM-700」が発売され、高度な技術力が評価されてNHK英国BBCなど、世界中の放送局やスタジオに導入されました。

1977年に発表した「MC-8マイクロ・コンポーザー」は、5,400音もの情報を入力可能とした非常に革新的なデジタル・シーケンサーで、ジョルジオ・モロダークラフトワークYMO冨田勲等が使用し、これまでの音楽シーンを大きく変え、新たな可能性を見出しました。また、俗にいう「打ち込み」という言葉は、MC-8のテンキーを操作する様子から生まれました。

その後、後継機のMC-4や和音が奏でられ、音色がメモリーできるJUPITER-8など数々の名機を発表していき、現在の、世界的に有名な、日本を代表する楽器メーカーとしての確固たる地位を築きました。

音楽シーンに大きな影響を与えたRolandのシンセサイザーの高価買取を実施中です!

シンセサイザーの宅配買取対応エリア

北海道、札幌、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、東京、神奈川、横浜、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、山梨、新潟、長野、富山、石川、福井、愛知、名古屋、岐阜、静岡、三重、大阪、兵庫、神戸、京都、滋賀、奈良、和歌山、鳥取、島根、岡山、広島、山口、徳島、香川、愛媛、高知、福岡、天神、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄

シンセサイザーの買取に関する詳しい内容は以下のページになります。
>>シンセサイザー買取の詳細

他の買取強化中のシンセサイザー

nordローランドYAMAHAKORG

  高価買取ができる理由について

今日の一言:最近スーパーにサンマが並ぶようになったので、自宅のトースターで焼いて食べています。やはり、焼き立ての魚は非常においしいです。しかも青魚の油は体に良いらしいのでおすすめです。

今すぐ仮査定お申込み!

WEBでカンタン仮査定お申込み
電話で仮査定 0120-894-345 受付時間 9:00-21:00